湯シャン!もしくは頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーがおすすめの理由

湯シャン!もしくは頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーがおすすめの理由

湯シャンのメリットとは

妻

湯シャンを知ってる?

勿論知ってるよ。

シャンプーを使わずにお湯だけで洗髪するやり方だよね。特に肌(頭皮)が弱い人には効果があると言われている。

妻

肌が弱い人にいいんだ!!

シャンプーに使っている界面活性剤の種類で洗浄力に違いは出る。価格が安いもので洗浄力が強い商品は多く存在する。だからこそ、洗浄力が強い商品を使っている人は意外に多い。

妻

洗浄力が強いって、ダメなの?

「肌が弱い」「乾燥しやすい」などの悩みがなければ、洗浄力が強い商品でも問題はない。しかし、「洗浄力が強い」とは、肌質によっては「肌に優しくない」になる。頭皮の油である皮脂を奪い過ぎてしまい乾燥するからだ。

乾燥すると肌を守っている角質が荒れてしまう。すると「肌のバリア機能」も低下となる。「肌が弱い」の多くの理由に「肌の乾燥」がある。

だからこそ湯シャンには、

  1. 乾燥や、フケを抑える効果が期待できる。
  2. かゆみなどの症状を軽減できる。
  3. 出すぎる皮脂を抑えることができる。

以上の効果があると言われている。

チェックポイント

ちなみに③の「出すぎる皮脂を抑えることができる」とは、シャンプーで洗いすぎて皮脂を奪うと、乾燥を防ぐために皮脂の過剰分泌がおきるということ。皮脂が脂っぽくなります。

シャンプーを使わない湯シャンであれば正常な分泌量になり、皮脂が出過ぎない。

湯シャンをやめた理由

妻

あらっ、湯シャンの経験あるの?

実はある。

長期の出張で数か月間、家を空けた時にやってみたことがある。

妻

へぇー、どうだったの?

まったく問題なかったよ。

最初はフケが出たり、髪が脂っぽいと感じたけど、それは最初だけ、その後はフケも油っぽさもなくなった。

また、当初はバサついていたが、ある程度続けていると艶が出てくる。皮脂の分泌が正常に近づき皮脂で髪がコーティングされ艶が出る。

勿論、トリートメントやコンディショナーを使用した場合の艶やサラサラ感には及ばない。テレビCMに出てくる艶々で輝く髪は、人工的な成分にて作られたものだからね。

でも、結論を言うと湯シャンはよかった。

妻

今も続けているの

いや、辞めてしまった。

妻

えー、なんで

どうしても髪が匂っていないかと気になる

きっかけは君なんだけど、

妻

えっ、私!!

出張から戻った日の入浴時に、今まで通り湯シャンで済ませた。風呂から上がってドライヤーを使っていると、

妻

油臭いな

言われて、気になってしまった。

妻

言ったかもね。ドライヤーの温風で余計に匂ったんだろうね。匂い自体は大したことはなかったんだけど・・・。

それがきっかけで、職場で臭いと思われないか気になった。それこそ自分は化粧品会社で働いているから「臭くて不潔」なんて思われたら大変だ。

湯シャンの洗い方に「優しいシャンプー」を少々

だから、やはりシャンプーはすることにした。

ただし、湯シャンの後に極力少ない時間でシャンプーを使用とした。トリートメントやコンディショナーは使わない。頭皮に負担を与えない最低限を目指した。

最初に、湯シャンのやり方を説明するね。

  1. シャンプー前に必ずブラッシングをする。
    ・ほこりなどの汚れを事前に取っておく。
  2. お湯は38~40度が適温であり、熱すぎてはいけない。
    ・熱すぎるシャワーは、頭皮の負担になる。
  3. 指の腹で頭皮をマッサージするように髪を洗う。
    ・シャンプーを使わないと摩擦が多くなる。ガシャガシヤ洗うと髪が痛むので気を付ける。
  4. 洗髪後はしっかりと乾かす。
    ・濡れたままは頭皮の熱を奪うので気を付ける。乾いていないと雑菌が繁殖しやすい。
  5. そして、この3.と4.の間に「優しいシャンプー」を短い時間で使用する。

優しいシャンプーとは、アミノ酸系シャンプーのことを指しています。

アミノ酸系シャンプーの中でもトリートメントやコンディショナーを必要とせず、シャンプー1本で済む商品を選ぶ。シリコーンなどの成分も使わず天然成分にて潤いを与えるものを選びたい。

湯シャン方法の後だから汚れは落ちている。ここで優しいシャンプーを使うのだが、汚れていないので泡立ちは早い。
※整髪料を使っている場合は、湯シャン及びこの洗髪方法は不向きです。

ほんの数十秒洗ったら洗い流す。

妻

数十秒でいいんだ!

湯シャンのやり方にプラスしているから、十分なんだよ。

汚れも落ちてるし保湿成分などが多いシャンプーなら潤いもある。シャンプーの優しい香りが髪に付くから匂いも気にならない。

この洗浄方法に適した商品はある。より効果があるので使っていただきたい。

アミノ酸系シャンプーで非常に頭皮や髪に優しい。香りもよく、保湿成分も多く配合されているからシャンプーだけでも潤います。また天然成分にこだわっているので安全です。

妻

湯シャンは難しいけど、シャンプーだけなら、やれるかな・・・!?

試してみたら、今まで洗浄力の強いシャンプー、そしてトリートメントやコンディショナーを使っていたなら、よい結果が出るだろうね。

妻

抜け毛が減るならいいけど

自分は朝起きて枕を見ると、抜け毛の量が減ってたけどね。

しかし、気にしているならクリニックに行くことも進めるよ。あれこれ手を出してもすぐに結論が出るものは中々ないからね。迷って悩むよりも、クリニックでこれから何をすべきか必要な方向性が出るほうが気持ち的にも安心できていいだろう。

妻

うーん、わかっているけど踏み出せない

確かに、二の足を踏む気持ちはわかるけどね。

まとめ

皮脂が多い人や、整髪料を使う人は湯シャンは向いていない。しかし。乾燥や乾燥によるフケやかゆみなどが気になる場合、湯シャンが有効な洗髪であるだろうね。

妻

お金がかかるわけじゃないし、とりあえず試して確認すればいいね!

お金がかかるどころか節約できる。

気持ち的に髪や頭皮が匂っていないか気になるのであれば、湯シャンをする必要はないだろう。その場合は以前の洗髪に戻してもよいが「湯シャンのやり方プラス優しいシャンプー」なら、以前の洗髪に比べ頭皮に優しいことは間違いない。湯シャンが難しいなら、おススメしたい。

湯シャンのやり方の途中にアミノ酸系のシャンプーを使うだけなので簡単だからね。

できるだけ、おススメのシャンプーがよい。価格が高めではあるかもしれないが、少量で済むことと、トリートメントやコンディショナーを使わないことで出費としては変わらない、もしくは以前より節約できてるぐらいではないかな。

試す価値はあると思いますよ。

妻

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
読んで頂いた方々に、よい化粧品との出会いがあるように祈っております。
ではまた、お会いしましょう。